" "

全国対応!スムーズな企業型確定拠出年金の導入なら

(株)日本企業型確定拠出年金センター

確定拠出年金運営管理機関番号794
東京オフィス:東京都港区新橋3丁目16-12 第一横山ビル6階
千葉オフィス:千葉県千葉市中央区富士見1-14-13千葉大栄ビル8階
名古屋オフィス:名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル801

お気軽にお問合せください(平日9時~17時)
問合せは企業型確定拠出年金の導入に関する
問い合わせに限ります

052-485-4570

確定拠出年金・最新情報

ここでは確定拠出年金の最新情報について解説をしていきます。
確定拠出年金とはいったいのどのような制度なのか?DCプランナーが分かりやすく解説します。

目次

  1. 確定拠出年金とは
  2. 企業型と個人型の違い
  3. 企業型確定拠出年金の最新動向
  4. 企業型確定拠出年金の導入の注意点
  5. 企業型確定拠出年金の掛け金の決め方
  6. 企業型確定拠出年金のメリット
  7. 企業型確定拠出年金の仕組
  8. 企業型DCとiDeCo
  9. 企業型確定拠出年金のプラン
  10. 企業型確定拠出年金の受け取り方
  11. 企業型確定拠出年金の運用商品
  12. 企業型確定拠出年金の加入対象者
  13. 企業型確定拠出年金と確定給付企業年金
  14. 企業型確定拠出年金と確定給付企業年金の併用
  15. 中小企業退職金共済から企業型確定拠出年金への移管
  16. 継続的な投資教育
  17. 企業型確定拠出年金と年末調整
  18. 一人法人での企業型確定拠出年金
  19. 企業型確定拠出年金の退職時の手続き
  20. 企業型確定拠出年金の導入時の相談先
  21. 企業型確定拠出年金の導入状況
  22. マッチング拠出と選択制DC
  23. 企業型確定拠出年金の運営管理機関
  24. 導入時の社会保険手続き
  25. 企業型確定拠出年金のデメリット
  26. 事務手続き委託のメリットデメリット
  27. 一時金で受け取る時
  28. 企業型DCで年金が減る?
  29. 宗教法人の企業型DC
  30. 企業型DCのメリットはいつから
  31. 就業規則がないと企業型DCは採用できない?
  32. 外資系企業の企業型確定拠出年金
  33. 歯科医師の確定拠出年金
  34. 企業型DC導入した場合のシミュレーション
  35. iDeCoから移管
  36. DCと併用
  37. 役員のDC
  38. 法改正によるiDeCoとの併用
  39. 退職時の企業型確定拠出年金
  40. 掛金の設定や変更
  41. パートの企業型確定拠出年金
  42. 役員退職金とDC
  43. 税理士・会計事務所の企業型確定拠出年金
  44. iDeCoとの併用とDC
  45. DBからDCへの移行
  46. 一人社長とDC
  47. 保険代理店の企業型確定拠出年金
  48. 企業型DCと手数料
  49. 企業型DCと商品選び
  50. 企業型DCの退職後の受け取り方
  51. 選択制DCの残業代
  52. 企業型DCは年収が減る?

確定拠出年金とは?

確定拠出年金(日本版401k※)とは、企業年金(企業が自社の社員に対して年金を支払う仕組み)の一つです。確定拠出年金法を根拠としており、日本では2001年(平成13年)10月から始まりました。

確定拠出年金には、会社が企業年金制度として採用する「企業型確定拠出年金制度」と個人が資産形成として加入する「個人型確定拠出年金」の2種類があります。企業型確定拠出年金も個人型確定拠出年金も、税制等のメリットを享受しながら、老後の積み立てを行うことができます。自分で自分の年金の積み立てを行うため、「ぷらす年金」とも呼ばれています。※確定拠出年金制度は、アメリカで実施されていた401k制度に倣って施行されたため、「日本版401k」とも呼ばれています。

会社と個人のキャッシュ対策。確定拠出年金制度とは?
企業型と個人型などその種類を解説します。

企業が経営を行ううえで、頭を悩ませるものの一つが資金繰りをはじめとしたキャッシュ対策です。キャッシュ対策が万全でなければ、業績が黒字であっても倒産するリスクは避けられません。毎年利益が出ているにもかかわらず、会社にも経営者にもお金が残らない… そんなお悩みを抱える経営者のみなさまに、対策の一助として確定拠出年金制度をご紹介します。

企業型確定拠出年金の最新動向
2020年4月以降の法改正を解説します。

2020 年 6月 5 日に「年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律」が公布されてから、公的年金から私的年金まで多岐にわたる改正が行われています。今回は、そのなかから確定拠出年金に関わる法改正に着目し、主なポイントや留意点等について解説します。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の注意点
導入前に確認すべきこと。

企業にとって、メリットの多い企業型確定拠出年金(企業型DC)ですが、導入までにはさまざまなステップや注意すべきポイントが多いのも事実です。今回は導入を検討している企業のみなさまのために、導入前の注意ポイントをご紹介します。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の掛金はどのように決めたらいい?掛金について解説します。

企業型確定拠出年金(企業型DC)は、将来に備えて資産を作る退職金制度です。企業が掛金を拠出し、従業員がその掛金を資産として運用を行っていくものです。企業が取り入れている制度によって、掛金の上限があるなど、掛金には一定のルールがあります。今回は、企業型確定拠出年金における掛金の決め方について解説します。

企業型確定拠出年金のメリットとは?
税制優遇について解説します。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の特徴としてあげられるのが、さまざまな税制上の優遇措置です。今回は、企業型確定拠出年金の税制優遇について、有効に活用することのメリットを解説していきます。

企業型確定拠出年金制度を導入する企業が増加
メリットの多い制度の仕組みを解説します。

企業型確定拠出年金は、企業が掛金を拠出し、従業員がその掛金をもとに金融商品を運用していきます。運用結果に応じて、将来の給付額が変わる年金制度の一つです。ここ数年、企業型確定拠出年金制度(企業型DC)を導入する企業が増加しています。なぜ企業型確定拠出年金制度を導入する企業が増えているのか、年金制度のしくみを紐解きながら、解説していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)と個人型確定拠出年金(iDeCo)2つの違いを解説します。

確定拠出年金には、「企業型確定拠出年金(企業型DC)」と「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の2種類の制度があります。どちらの制度も、将来の資産形成のために毎月一定の掛金を拠出するのは同じ。掛金をもとに金融商品を運用し、資産を増やしていくことになります。考え方は同じでも、両者に違いもあります。それぞれの違いや特徴を詳しく解説していきます。

企業型確定拠出年金のプランによる違い
企業担当者のための導入前チェック。

法改正による制限の緩和などで導入が進む「企業型確定拠出年金(企業型DC)」

中小企業の中には、今後の導入を検討しているケースも多いのではないでしょうか。今回は、実際に導入することになったとき、企業担当者がおさえておきたいポイントについて解説していきます。

企業型確定拠出年金のプランによる違い
企業担当者のための導入前チェック。

従業員の将来の資産形成をサポートするための「企業型確定拠出年金(企業型DC)」。掛金の拠出や運用中の税制優遇などメリットの多い制度で導入する中小企業も増えつつあります。

長期に渡って運営する制度なので、ついつい忘れがちなのが、実際に給付を受け取る際の受け取り方の違いについてです。従業員にとっては、会社を退職後のライフプランに大きく影響することですので、企業側もしっかりと理解しておきましょう。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の運用商品選び
特徴をおさえた資産運用の考え方を解説します。

「企業型確定拠出年金(企業型DC)」では、拠出された掛金を従業員が長期にわたって、運用していきます。制度導入後は、会社は従業員への投資教育も行わなければなりません。そこで、企業担当者がおさえておきたい運用商品選びのポイントについて、解説していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の加入対象者とは?
加入資格をチェックしておきましょう。

経営者や人事労務担当者にとって、従業員の退職金制度や福利厚生は重要な課題のひとつです。最近では従来の退職金制度や確定給付企業年金にかわり、企業型確定拠出年金(企業型DC)の導入を検討する企業も増えています。税制優遇などメリットの多い企業型確定拠出年金制度ですが、導入前にしっかりと準備を進めておくことが必要です。そこで、必ず確認しておきたいのが、従業員の加入資格です。せっかく導入する制度が従業員の差別感や不公平感を生まないよう、しっかりとおさえておきましょう。

企業型確定拠出年金(DC)と
確定給付企業年金(DB)の違いとは?

企業年金制度といえば、企業型確定拠出年金(DC)と確定給付型企業年金(DB)の2つに分かれます。以前の企業年金制度は、厚生年金基金や適格退職年金といった制度が主流でしたが、徐々に確定給付企業年金にシフトしてきました。さらに、2001年からは企業型確定拠出年金が登場し、徐々に増加してきています。現在の企業年金の主軸は、企業型確定拠出年金(DC)と確定給付型企業年金(DB)ということになるでしょう。それぞれどのような特徴があるのか、メリット・デメリットを解説しながら、その違いについて解説していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)導入時の注意
確定給付型企業年金(DB)の併用と移行のポイント

日本の企業年金制度は、主に企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定拠出型企業年金(DB)の2通りとなっています。現時点で一番導入の多い制度はDBですが、徐々に企業型DCを導入したり、DBから移行するケースも増加しています。そこで、今回は、実際に企業型DCを導入する際のDBの移行や、併用について、企業担当者がおさえておきたいポイントについて解説していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)導入時の注意
中小企業退職金共済(中退共)の移換のポイント

さまざまな企業年金制度からの資産移管が可能となった企業型確定拠出年金(企業型DC)。今回は中小企業に加入の多い中小企業退職金共済(中退共)から企業型確定拠出年金に移換する場合について、詳しく解説していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)の努力義務
継続的な投資教育とは?

企業型確定拠出年金(企業型DC)の実施企業は増加し、ますます注目が集まっています。税制優遇などメリットも多いこの制度は、従業員自身が資産を運用していくのが特徴です。従業員が運用を行うとはいえ、会社は制度を導入すれば終わりというわけにはいきません。従業員が適切に資産を運用し、将来の資産形成サポートを行っていく必要があります。それには、従業員にいかに制度を理解してもらい、運用していくための知識を得てもらうかが重要です。そこで、企業には従業員への継続的な投資教育が「努力義務」として課されています。今回は、投資教育の概要とポイントについて解説します。

確定拠出年金の年末調整と確定申告
必要な書類と手続きは?

生命保険料や個人年金保険料は、年末調整や確定申告で控除を行いますが、「企業型確定拠出年金(企業型DC)」は、手続きが必要なのでしょうか。

今回は、企業型確定拠出年金を導入したときの年末調整や確定申告について、企業担当者がおさえておきたいポイントについて解説していきます。

一人法人(ひとり社長)でも導入しておきたい福利厚生制度
企業型確定拠出年金(企業型DC)とは?

ビジネスモデルや働き方、仕事に対する考え方も、ここ数年で随分と変化してきました。そんな中で、最近では“一人法人(ひとり社長)”として活躍する人が多く見受けられます。一人法人とは、1人で会社を設立、従業員は雇わず、経営者として、さらにプレーヤーとしても活躍する人たち。フリーランスと似ていますが、税制度をはじめ、さまざまな違いもあります。今回は、一人法人にスポットを当て、企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入するメリットや知っておきたいポイントについて解説していきます。

従業員の退職
企業型確定拠出年金(企業型DC)の手続きは?

企業型確定拠出年金を導入している会社で、従業員が退職をするとき、退職後の予定によって、手続きがことなります。今回は、従業員が退職(転職)することとなったとき、企業担当者がおさえておきたいポイントについて解説していきます。

企業担当者向け
企業型確定拠出年金の導入で失敗しないための相談先とは?

中小企業でも導入が進む企業型確定拠出年金(企業型DC)制度。自社で導入が可能なのか、メリットはあるのか、導入を検討してみたいと思っている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。とはいえ、企業型DC制度の導入には、年金制度のしくみをはじめ、投資の知見も必要だったりと、企業担当者にとっては頭を悩ませてしまうものです。

そこで今回は、企業担当者が導入検討する際の相談先を選ぶポイントについて解説していきます。

福利厚生制度として注目の企業型確定拠出年金(企業型DC)導入状況を探ります。

求職者が会社や仕事を選ぶときに重視する条件は、何でしょうか? 「給与が高い」「やりがい」「職種」「業績が安定している」「将来性」「ワークライフバランス」…仕事選びの価値観は人それぞれ、いろいろあるはずです。そのなかの一つとして、「福利厚生の充実」を挙げる人も、少なくないでしょう。従業員の満足度、モチベーションアップ、人材確保には、今や福利厚生制度の充実は欠かせません。中小企業での導入が進んでいる企業型確定拠出年金(企業型DC)も、その一つです。今回は、福利厚生制度として注目の企業型DCについて、考えていきたいと思います。

企業型確定拠出年金(企業型DC) 
間違いやすい「マッチング拠出」と「選択制DC」

少子高齢化や定年延長の流れのなか、老後の生活は公的年金制度だけに頼れないといった考え方にシフトしてきました。そうした背景の中、企業も退職金の給付設計の見直しや節税対策、従業員への福利厚生サポートをどのように行っていくのかなど、重要な課題が山積しています。そこで、最近注目が集まっているのが「企業型確定拠出年金(企業型DC)」です。なかでも任意で加入や拠出のできる「マッチング拠出」や「選択制確定拠出年金(選択制DC)」を採り入れている企業も増えてきました。

どちらも従業員の意思が反映でき、似ている部分が非常に多いのですが、まったく別のしくみです。今回は、この2つのしくみについて解説していきます。

失敗しない運営先選びを
企業型確定拠出年金(企業型DC)の運営管理機関とは?

中小企業を中心に導入が進んでいる「企業型確定拠出年金(企業型DC)」。税制優遇などのメリットも多く、導入を検討しているものの、導入するにはどのような運営先を選んだらよいのか心配される企業担当者もいらっしゃるでしょう。今回は、実際に導入した後に、運営管理をしていく機関の役割について、企業担当者がおさえて知っておきたいポイントについて解説していきます。

導入時の社会保険手続き

企業型確定拠出年金(企業型DC)のうち、中小企業で福利厚生制度として導入されるケースが多いのが、選択制確定拠出年金(選択制DC)です。

選択制DCは、会社が掛金を拠出するのではなく、従業員の給与の一部を掛金として拠出するしくみです。そのため、従業員の給与の一部が拠出されると、社会保険料に等級変更につながり、「月額変更」を行う必要が生ずるかもしれません。今回は、選択制DCを導入するときの社会保険料に関する月額変更について、企業担当者がおさえておきたいポイントについて、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

企業型確定拠出年金のデメリット

従業員の将来の資産形成のために、退職金制度や福利厚生制度として導入が進むのが「企業型確定拠出年金(企業型DC)」です。掛金の拠出時、運用時、給付を受ける時、それぞれに税制の優遇があることが最大の魅力です。今後の導入を検討しているケースも多いのではないでしょうか。とはいえ、メリットがある一方、デメリットも必ず存在します。今回は、実際に導入を検討するとき、確認しておきたい企業型DCのデメリットに絞って解説していきます。

事務手続き委託のメリットデメリット

企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入する場合に、企業担当者として気になることの1つが、「事務負担がどの程度発生するのか」ということではないでしょうか。今回は、実際に企業型DCを導入することになったとき、・事務手続きとしてどのようなものが発生するのか・もし事務委託する場合のメリットやデメリットは?企業担当者が、おさえておきたいポイントについて解説していきます。

一時金で受け取る時

企業型確定拠出年金(企業型DC)は、会社が掛金を拠出し、従業員が自分自身で掛金を運用して、老齢給付金として受け取る制度です。

原則、60歳以降に受給が可能となります。受け取り方は、「年金」「一時金」「年金と一時金の併用」の3種類あります。受け取り方によって、所得控除が異なります。

今回は、「一時金」として受け取るときの計算方法について解説していきます。

 

企業型DCで年金が減る?

従業員の将来の資産形成のために、導入が進んでいる企業型確定拠出年金(企業型DC)。最近では、従業員自身が掛金を拠出するかどうかを選択する「選択制DC」を採用する中小企業も増えています。

会社にとっては、社会保険料の負担減などメリットがある一方、従業員には将来の公的年金が減るかもしれないという、思わぬデメリットの可能性も否定できません。今回は、選択制DC導入を検討する企業のみなさまに、理解しておきたい従業員のデメリットについて解説していきます。

 

宗教法人の企業型DC

宗教法人であっても、一般企業と同様に、退職金制度についてお悩みのケースは多々あります。宗教法人の職員はもちろんですが、宗教法人経営者においても勇退後の生活設計をどうするかは、非常に重要な問題です。万が一に備え、今からどのような準備ができるのか、検討しておきましょう。

今回は、宗教法人において企業型確定拠出年金(企業型DC)の導入を検討することになったとき、気をつけておきたいポイントについて解説していきます。

企業型DCのメリットはいつから

企業型確定拠出年金(企業型DC)は、従業員の将来の資産形成をサポートできるだけでなく、会社・従業員双方に税制優遇の手厚い制度となっています。これから企業型DC制度導入を考えている会社にとっては、導入するとどのくらいの効果があるのか興味を持っているのではないでしょうか。今回は、実際に導入した場合にどういった効果があり、いつごろから効果が現れるのかについて、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

就業規則がないと企業型DCは採用できない?

企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入するとき、どのようなプランするか、掛金額などのシミュレーションも大切ですが、留意しておかなければならないのが、会社の就業規則等の整備についてです。導入には基本的に、給与制度の変更や役員報酬の改定を伴いますので、就業規則の改訂は影響範囲が大きくなることも予想されます。

実際に導入することになったとき、企業担当者が確認しておきたい就業規則等のポイントについて解説していきます。

外資系企業の企業型確定拠出年金

数年前、老後2,000万円問題が世間の話題によく上がっていました。金額の是非はともかく、多くの人が、公的年金だけでは心もとない、早い時期から老後の資産形成をしなくては、自助努力が必要という意識に変化してきたようです。そのようななか、老後の資産を自助努力で賄うための選択肢として、確定拠出年金に注目が集まっています。

企業においても、従業員の将来の資産形成などを支援するための福利厚生制度を積極的に取り入れようという動きにシフトしつつあります。それは、外資系企業など日系企業と趣を異とする企業であっても同様ではないでしょうか。

今回は、外資系企業が企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入することになったとき、押さえておきたいポイントについて、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

歯科医師の確定拠出年金

一般的に高収入で生活水準が高いとされる歯科医師であっても、意外と十分な資産形成ができていないといったケースも少なくありません。

そこで、今、歯科医師のみなさんが、老後の資産を自助努力で賄うための選択肢として、確定拠出年金に注目が集まっています。勤務医、開業医、医療法人を経営するといったさまざまな働き方のスタイルにあわせて、どのような選択肢があるのか、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

企業型DC導入した場合のシミュレーション

日本に確定拠出年金制度が導入されて以来、制度改正などを経て、加入者は企業型・個人型ともに増え続けています。とくに中小企業では、労働の多様化が進むなか、従業員のモチベーション向上や人材の採用や定着、さまざまな税制優遇のメリットに注目がされている制度です。

今回は企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入した場合に、加入者となる役員や従業員の将来資産がどのようになるのか、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

iDeCoから移管

企業型確定拠出年金(企業型DC)の増加と同様に、大きな伸びをみせているのがiDeCoです。iDeCoは個人型の確定拠出年金であり、加入できる人の範囲が広いことから、ここ数年、加入者が急増しています。

「自分の老後は自分でなんとかしなくては」といった考えが定着してきたということも背景にあるかもしれません。企業の人事労務担当者であれば、従業員から「iDeCoに加入したいから事業所の証明書を発行してほしい」とか、国民年金基金連合会から、年1回現況届の提出を求められたりといった経験があるかもしれません。

そこで今回は、すでにiDeCoに加入している転職者を採用したとき、会社の企業型DC制度にどのように移管するのか、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

DCと併用

新型コロナウイルスの感染拡大を大きな節目として、多くの人々の生活様式が変化し、働き方やお金に対する意識や行動に変化が起きています。コロナ前からも若年層を中心に投資への興味を持つ人は増えつつありましたが、このコロナショックは資産形成への意識の高まりにさらに拍車をかけているようです。資産形成の初めの一歩としてNISAやiDeCoなどにも注目が集まっています。

企業型確定拠出年金(企業型DC)制度においても、これらの動きと連動して、近年の制度改正では、より利用しやすい制度へと変化しており、導入する企業が増加しています。今回は、従業員の多くが興味を持つNISAやiDeCoをはじめ、他の制度と企業型DCなどを併用する場合など、どのように将来の資産形成のサポートをしていくかに注目し、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

役員のDC

多くの中小企業で導入の進む企業型確定拠出年金(企業型DC)制度。厚生年金の適用事業者であれば加入できるとあって、社長や役員であっても厚生年金被保険者に該当すれば企業型DCへの加入が可能です。

企業型DC制度は、掛金も全額損金計上できることに加え、役員自身の将来資産を形成できることから、興味をお持ちの経営者さまも多いでしょう。

今回は、役員の企業型DCに注目し、複数の法人の役員を兼務している場合を例に、日本企業型確定拠出年金センターが詳しく解説していきます。

法改正によるiDeCoとの併用

企業型確定拠出年金(企業型DC)制度を導入する企業が増える一方、個人ではネット証券などの充実などを背景に投資への興味を持つ人も増え、iDeCoに加入する人も増えています。企業にとっても、個人にとっても将来資産をどのように形成していくかは、重要な関心事です。近年、制度改正も進む年金制度ですが、今後は企業型DCとiDeCoの併用も可能となる予定です。

今回は、多くの人が興味を持つiDeCoと企業型DCとの併用に注目し、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

退職時の企業型確定拠出年金

多くの企業で導入の進む企業型確定拠出年金(企業型DC)制度。従業員が掛金を運用していかなければならないとあって、企業担当者は、運用期間中の投資教育や手続きのサポートを行わなければなりません。もちろん、従業員が転職や定年などで退職する際にも、しっかりと説明し、手続きをサポートする必要があります。

今回は、企業型DC制度を導入している企業の担当者が、従業員の退職時に注意しておくべきこと、やるべきことについて取り上げてみました。どのようなタイミングで説明や手続きが必要か、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

掛金の設定や変更

企業型確定拠出年金(企業型DC・企業型401k)とは、将来に備えて資産を作るための企業年金のひとつです。一般的に企業が掛金を拠出(積立)し、従業員がその掛金を金融商品などに投資運用することで、資産形成を行います。

最近は、確定拠出年金制度のルールが緩和され、より利用しやすい制度へと変化していることで、注目している企業が増加しています。導入を検討している企業担当者の中には、どのような制度設計がよいのか、掛金の拠出額の設定はどうしたらよいのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、掛金の拠出について取り上げ、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

パートの企業型確定拠出年金

働き方改革の一環として、2020年4月(中小企業は2021年4月)より、同一労働同一賃金としてパートタイム・有期雇用労働法が適用となりました。職務の内容、責任、働き方などが同じであれば、雇用形態で不合理な待遇差を設けてはいけないとされています。

不合理な待遇差には、賃金、休暇、各種制度などが該当します。この待遇には、もちろん企業型確定拠出年金(企業型DC/401k)も、範囲の対象となります。パート・有期雇用であっても、同様の職務内容・働き方などであれば、企業型DCの加入対象となるケースがあります。

今回は、パート・有期雇用従業員の企業型確定拠出年金(企業型DC/401k)の加入資格について、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

役員退職金とDC

「リタイアした後のためのお金の準備はどうすればよいだろうか」

中小企業の経営者にとっても、退職後の資金準備をどのようにするかは、従業員同様に考えておかねばならない大事なこと。経営者の退職金の準備方法はいくつかありますが、そのうちのひとつが企業型確定拠出年金(企業型DC=401k)です。税制優遇などお得な制度でもあり、役員退職金を検討するうえでは、欠かせません。

今回は、中小企業の役員退職金をどのように準備していくか、企業型DC(401k)に注目し、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

税理士・会計事務所の企業型確定拠出年金

『記帳代行や税務申告だけの事務所から脱却したい』『高付加価値のあるサービスを展開したい』『顧問先により深く関わるコンサルティングやサポートを行っていきたい』とお考えの税理士・会計士の方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、クライアント先の規模感・業種によっても違いがあるものの、その多くが記帳代行から税務申告、経営相談、節税対策などが一般的な依頼業務です。新たなサービスの構築これらの業務にどのような付加価値を提供するか、どんなサービスを提案するのか、事務所を発展させていくための人材活用や獲得は?事務所経営のうえで他事務所との差別化は、非常に頭を悩ますところかもしれません。

今回は、クライアント先への価値あるサービス提案はもとより、事務所を成長させていくために必要な活躍人材獲得のために、最近注目されている企業型DC(401k)を取り上げ、その活用のヒントを探ります。

iDeCoとの併用とDC

2022年は、順次、確定拠出年金制度の改正が予定されています。とくに注目しておきたいのが、2022年10月からの企業型確定拠出年金(企業型DC=401k)とiDeCo(個人型確定拠出年金)との併用に関する改正です。

すでに企業型DC(401k)制度を導入している企業については、従業員からのiDeCo併用についての質問があるかもしれません。iDeCo併用の場合には掛金額に影響が及びますので、改正の内容をきちんと理解し、備えておきましょう。

今回は、企業型DCとiDeCoの併用に注目し、掛金額の上限について、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

DBからDCへの移行

2023年4月より日本生命保険が団体年金保険の予定利率を、現在の年1.25%から0.50%に引き下げると発表されました。続く超低金利やマーケットの状況から、将来に渡って予定利率を維持することが困難だと判断されたことが理由です。確定給付企業年金(DB)制度を採用している企業にとっては、財務計画に影響する大変重大なニュースです。今後、確定給付企業年金(DB)から企業型確定拠出年金(企業型DC=401k)への移行も加速するといった影響もありそうです。

今回は、確定給付企業年金(DB)制度から企業型DC(401k)へ移行するときのポイントを、日本企業型確定拠出センターが解説していきます。

一人社長とDC

1人で事業を行う場合、個人事業主として独立・開業しているケースをイメージしますが、事業規模や利益の程度などによっては、一人法人(ひとり社長)やマイクロ法人として会社を設立・経営しているケースも多いでしょう。最近では、さまざまな働き方の選択肢として、「会社をおこして、一人で社長をやっている」という方も増えてきました。個人事業主であっても、今後法人成りを検討している人もいるかもしれません。

一人法人の増加と連動して、企業型確定拠出年金(企業型DC)制度においても、より利用しやすい制度として変化しています。

今回は、一人社長の多くが興味を持つ将来の資産形成や節税について、iDeCoと企業型DCのどちらがおすすめなのか、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

保険代理店の企業型確定拠出年金

保険業界は、少子高齢化や経済状況の変化、昨今の気候変動による自然災害の増加などの影響により変化を続けています。インターネット保険の増加によっても、保険販売の状況が大きく変化するなかで、さまざまな保険を扱う保険代理店も増えており、営業形態もそれぞれの特色を打ち出すようになってきました。

保険代理店は、単に保険を販売するだけでなく、保険契約に関わるさまざまなサポートを行い、保険ビジネスを支える大きな役割を担っています。一口に保険代理店としっても、保険販売を専業とする代理店、生命保険に強い代理店、損害保険に強い代理店、1社の保険のみの取り扱いをする代理店など、それぞれに特徴があります。しかし、販路拡大や人材不足への課題は各代理店共通です。

今回は、保険代理店のための販路拡大の一助、人材獲得へのサポートとして企業型DC(401k)をご活用いただくため、日本企業型確定拠出年金センターが解説します。

企業型DCと手数料

企業型確定拠出年金(企業型DC=401k)は、長期にわたって掛金を拠出・運用していくことで将来の資産形成をする仕組みです。これまで主流であった確定給付の企業年金制度と異なり、加入者(従業員)自身が金融商品を運用していくことで、将来資産を形成していくことが特徴です。最近は、1人社長のような小規模企業から中小企業まで、幅広く利用されるようになってきました。経営者や担当者の中には、企業型DC(401k)制度の導入を検討している方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、魅力の多い制度であっても制度導入するには、それなりのコストや手間がかかるのでは?とのお悩みもあるかもしれません。

今回は、会社の企業型DC(401k)制度を導入する場合に、会社にかかる費用を、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

企業型DCと商品選び

2001年にスタートした企業型確定拠出年金制度(企業型DC=401k)は、大企業に限らず、中小企業にも導入が進んでいます。2021年2月現在には750万人近くの加入者に上り、今後の導入を検討している会社も多いのではないでしょうか。

会社に企業型DC(401k)制度を導入するにあたって、DC担当者の疑問・お悩みはさまざまですが、なかでも「どのような運用商品を用意したらよいのか」といったお悩みも多いようです。

今回は、会社の企業型DC(401k)制度を導入する場合、また、制度の見直しをする場合に、適切な運用商品を用意できるよう、運用商品の選び方について、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

企業型DCの退職後の受け取り方

企業型確定拠出年金(企業型DC=401k)は、福利厚生制度の一環として導入するケースが増えている企業年金制度です。加入者(従業員)が掛金を自分自身で運用し、その運用成果によって将来受け取る年金や一時金の額が決まるという仕組みです。

この将来受け取る年金や一時金は、原則60歳以降に受け取ることになりますが、受け取り方によって、上手に節税が可能です。

今回は、将来受け取る年金や一時金について、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

選択制DCの残業代

企業型確定拠出年金(企業型DC=401k)は、中小企業においても導入が進み、今後の法改正なども影響して、さらに増えていくことが予想されます。

なかでも、「選択制DC」と呼ばれる従業員が掛金を拠出するタイプのDC制度を導入する企業も増えています。

選択制DCは、従業員の給与の一部を掛金として拠出するため、就業規則や給与規程の見直しなど、入念に準備をしておく必要があります。企業担当者にとっては、給与の計算方法にも影響が出てくるものです。なかでも、残業計算の取り扱いをどうしたら?との声もあります。

従業員にとって重要な「給与」に関わることですので、間違いや認識違いがあっては、後々大変です。

今回は、選択制DCを導入する場合の、給与の取り扱いについて、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

企業型DCは年収が減る?

選択制の企業型確定拠出年金(企業型DC=401k)は、「選択制DC」あるいは「給与切り出し型DC」とも呼ばれ、導入する企業が増えています。

企業側・従業員側双方にメリットのある制度ではあるものの、どちらかというと企業側のメリットの大きさが着目される制度でもあります。「選択制DCは年収や年金が減る」といった点ばかりクローズアップされてしまうからという理由もあります。事実、従業員側にとっては、気をつけておかなければならないポイントもいくつかあるため、制度を導入する企業は、従業員への丁寧な説明を実施し、理解を深めてもらわなければなりません。今回は、選択制DCを導入する場合に、従業員の年収や年金がどう変化するのか、日本企業型確定拠出年金センターが解説していきます。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

052-485-4570

※導入に関するご相談を承っております。個人の方の質問はお答えできませんのでご了承ください。

お気軽にご相談ください

お電話での相談はこちら

052-485-4570

フォームでの無料相談は24時間中です。お気軽にご連絡ください。