SBIオフィシャルパートナー!全国対応のスムーズな企業型確定拠出年金の導入なら

(株)日本企業型確定拠出年金センター

確定拠出年金運営管理機関番号794
東京オフィス:東京都港区新橋3丁目16-12 第一横山ビル6階
名古屋オフィス:名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル801

お気軽にお問合せください(平日9時~17時)
問合せは企業型確定拠出年金の導入に関する
問い合わせに限ります

052-485-4570

確定拠出年金は退職金の代わりになる?退職金がもらえない場合とは?

将来の安心感ある資産形成のため確定拠出年金制度が注目されています。多くの企業は社員の退職後のライフプランを支えるため退職金制度を設けていますが、必ずしも退職金制度があるとは限りませんし、退職金制度があっても、退職金が必ず支給されるわけではありません。例えば、勤続期間が短い場合など、退職金が支給されないこともあり、不安に感じる人もいます。

退職金が支給されない場合であっても、一定の将来資産を形成できるのが、確定拠出年金です。この制度は事業主や加入者が掛金を拠出して積立、加入者自らがその資産を運用し、運用の成果により退職後の生活費を確保することを目的としています。確定拠出年金の特徴は、運用成績に応じて受け取る金額が変動し、自分で運用方法を選べることです。

確定拠出年金には、企業が導入する企業型確定拠出年金(企業型DC)と、個人で加入する個人型確定拠出年金(iDeCo)の2種類があります。

現在働く人はもちろんのこと、近い将来退職を控えている方々、退職金の支給がない方など、退職後の資産形成に不安があれば、確定拠出年金を補完手段として検討することをお勧めします。この制度を利用することで、退職時に退職金がない、あるいは少なくても、安定した老後の財産形成が可能です。

確定拠出年金とは?

確定拠出年金の種類とその特徴について詳しく解説していきます。

勤労者や将来の退職を考えている方にとって、安定した老後の生活を支えるものの一つは年金です。なかでも確定拠出年金は、将来の年金受給額を自分で積み立て・運用できることから注目されています。従来の退職金とは異なり、その柔軟性と自己責任を重んじる仕組みで、積極的な資産運用を可能にします。

毎月一定額を積み立て、投資信託や債券などの金融商品を選択し運用します。これが確定拠出年金の最大の特徴であり、個々のリスク許容度や運用方針に基づき、将来に受け取る年金もしくは一時金を増やしていきます。

特に退職金制度がない企業で働く人やフリーランス、自営業者など、自ら老後資金を蓄える必要がある方にとって、確定拠出年金は有効な選択肢です。安心して老後を迎えるために、確定拠出年金の知識を深め、活用をおすすめします。次に、確定拠出年金の種類とその特徴について詳しく解説していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)とは?

企業型確定拠出年金は、企業で働く従業員の将来の資産形成を支援する制度で、共済組合や企業年金基金と異なり、退職金の積立を確定拠出年金で行う企業もあり、退職金制度や福利厚生制度の一環として利用され、従業員と企業が拠出金を積み立てます。毎月一定額の拠出された掛金を投資し、従業員が運用していくことが魅力です。アクティブ運用からパッシブ運用まで、従業員が自由に投資商品を選び老後の備えを強化できます。

税制面では、拠出金の所得控除による節税効果や運用益に対する税制優遇があります。

確定拠出年金は将来への投資として価値が高く、現役従業員だけでなく、退職後の安定した生活を望む人にも適しています。

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは?

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、将来の安定した老後資金を築くための制度です。企業型確定拠出年金制度は企業が導入する制度である一方、個人型確定拠出年金(iDeCo)は自らの掛け金を積み立て、選択した金融商品で運用を行うのが特徴です。老後の収入源を確保し、安心したセカンドライフを送るための一助となります。この制度の利点は、掛け金が全額所得控除の対象になることや、運用利益が非課税であるなど、税制上のメリットが大きい点です。iDeCoは、勤務形態に関わらず多くの労働者や近い将来退職を迎える人にとって大きなインセンティブです。確定拠出年金や退職金を考慮する際、これらの制度を適切に理解し、賢く活用することで、より豊かな退職後の生活を設計できます。

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

日本の年金制度は、「公的年金」と言われる国民年金や厚生年金のほか、「私的年金」と呼ばれる確定拠出年金などがあります。公的年金のみで老後の生活資金をカバーするには不安があるという方も多いでしょう。確定拠出年金をはじめとした私的年金を活用することで、公的年金でカバーしきれない生活資金の不足分を補うことも可能です。会社で働く人、経営者やフリーランスであっても、自身に合った確定拠出年金制度を選択できますので、活用してみてはいかがでしょうか。

退職金がもらえない場合とは?

自分のライフプランやリスク許容度を考慮し、運用プランを選択し、効果的な資産形成を目指すポイントについて詳しく説明します。

退職金は、長年勤めた会社からの感謝の証として従業員に支給されます。しかし、企業の規模や経済状況により退職金制度がない会社も少なくありません。経営困難になった企業の場合には退職金の減額や支給停止をすることもあります。

また、退職金制度がある企業であっても、勤続年数、勤務形態によって退職金の条件を満たさないこともあります。また、派遣社員や契約社員など非正規雇用の場合、退職金制度がない企業も多いでしょう。退職金を受け取るためには一定期間の勤務が求められ、短期間での転職を繰り返す人は恩恵を受けにくいのが実情です。

すべての従業員や退職を控えた人が不安なく将来を迎えるためには、退職金が支給されない場合に備え、自分で将来資金を準備することが大切です。その備えの一つが、確定拠出年金などの年金制度です。確定拠出年金は、会社で働く人だけでなく、経営者やフリーランスといった個人も未来の資金計画に積極的に関わることのできる制度です。年金資産を運用することで、退職時に助けになる可能性があります。自分のライフプランやリスク許容度を考慮し、運用プランを選択し、効果的な資産形成を目指すことが重要です。

このように、退職金が支給されない状況を理解し、適切な対策を行うことで、安心した退職生活を送るための基盤を作れます。

 

そもそも退職金がない

退職金のない場合の対策についてご説明します。

最近、働き方が多様化し、すべての企業に退職金制度があるわけではなく、特に中小企業や非正規雇用者の多い業界では退職金制度の導入が難しいことがあります。これは、経営の安定性や財務基盤が不安定な企業もあり、退職金制度を設けているかは企業ごとに異なります。

しかし、退職金制度がない企業で働いても、将来の安心のための手立てとして、自分で積み立てや投資を行う確定拠出年金制度の活用が有効です。確定拠出年金は、資産形成を自分自身で行い、将来のための自発的な資金計画を立てる上で役立ちます。

確定拠出年金の仕組みや利用方法、退職後の年金受給については専門的な知識が必要な部分があるため、早めに適切な情報を得ることが大切です。キャリアの節目にある人や、退職を控えている人は、退職金以外の年金や一時金に関する知識を深め、安定した将来を築くための準備を進めることを推奨します。

受給時に必要な勤続年数が足りない

勤続年数が短くても安心です。退職金の受給資格と確定拠出年金の活用方法を説明します。

多くの企業は退職金の受給には、一定の勤続年数が必要です。これは従業員が長期間企業に貢献する証として与えられます。たとえば、勤続5年未満では退職金が支給されない規則を設ける企業もあります。特に勤続2年や3年未満で退職すると退職金の割合が非常に低くなるか、ない場合もあるでしょう。

しかし、勤続年数が短くても将来への備えができます。確定拠出年金を活用し、自分で資産形成を行えます。この制度では自分で選んだ金融商品に基づく積立てを行い、退職時に年金や一時金として受け取ります。退職金が少ない勤続年数でも確定拠出年金を活用すれば、自己責任で将来の備えができます。勤続年数に左右されず、自分で資産を形成しましょう。

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

令和5年厚生労働省で従業員30人以上の会社の退職給付の支給実態調査によると、25.1%の会社は退職金制度を設けていません。退職金がなくても、給料に上乗せしていたりインセンティブを設けている会社もありますので、一概に退職金制度がない会社がだめというわけではありません。退職金があってもなくても、共通して言えるのは、将来の資産対策は自分自身で検討していく必要があるということ。確定拠出年金などを利用してリスクを抑えながら将来の資金を準備していくことが重要です。

退職金と確定拠出年金の有無を確認する方法

退職金と確定拠出年金の情報をしっかりと得て、不安のない幸せなセカンドライフを過ごしましょう。

退職に備える上で知っておくべきこと:退職金と確定拠出年金の確認ガイドです。

退職金や確定拠出年金は我々の老後の安定した生活を支える重要な資産の一つです。一般的に退職金は会社を退職する際に、一時金として一度にもらう大きな金額です。一方、確定拠出年金は、退職後に一時金として受け取ったり、年金として継続的な収入として受け取ることが可能です。

しかし、多くの働く人や退職間近の方々は、自分の退職金や確定拠出年金の詳細を十分に理解していないのが現状ではないでしょうか。まずは、これらの制度が利用できるか、またどのような内容かを確認することが退職後の不安を取り除く第一歩です。

退職金に関しては、勤務先の人事部門や経理部門に問い合わせて、自分が加入している退職金制度の概要を教えてもらうことからスタートです。また、就業規則や退職金規程を確認することで、支給条件や金額の基準を確認できます。

確定拠出年金では、管理機関が発行する運用報告書やウェブサイトで、積立金や運用状況を確認できます。さらに、企業が導入する確定拠出年金である企業型DC制度であれば、企業が提供する制度の説明会や投資教育セミナーに参加することで、詳しい情報を得られます。

これから老後の経済設計を考えている皆さん、退職金と確定拠出年金の情報をしっかりと得て、不安のない幸せなセカンドライフを過ごしましょう。

 

就業規則を確認する

勤務する会社の就業規則や退職金規程の確認は重要です。勤め上げた後の大切な資金となるのが退職金をはじめ、そして長期にわたる安定した生活のための年金制度の理解も必須です。特に、退職を控えた方や長期的なキャリアプランを考えている方は、これらの制度への理解を深めましょう。

退職金に関する情報収集はまず、就業規則や退職金規程の確認から始まります。就業規則は会社のルールブックで、退職の手続きや条件、退職金の支給基準、計算方法が示されています。勤続年数や役職による差異があるため、適切な退職準備のために就業規則をしっかり理解することが大切です。また、企業型確定拠出年金(企業型DC)を導入している会社であれば、将来設計に役立つ確定拠出年金への参加条件や手続きも確認可能です。

確定拠出年金は個々の選択に基づき、企業が提供する金融商品から投資を行い、退職後の資金を形成する制度です。早めに自分の将来の資産計画にマッチした金融商品を選ぶことが将来の安定につながる重要なステップです。

また、退職金制度や確定拠出年金制度の有無や内容の確認だけでなく、会社の福利厚生も把握することをおすすめします。時には、就業規則に記載されていない福利厚生ガイドラインがあります。その場合、人事部門や総務部門へ問い合わせると、正確な情報を得る助けになります。退職金と年金の仕組みを理解し、スムーズな退職と安定した将来を築いてください。今が未来への賢い一歩を踏み出すタイミングです。

転職の際には求人票を確認する

転職時に確認すべき退職金制度と確定拠出年金です。

転職を考えている皆さんは、見逃さないようにしたいのが会社の退職金制度についてです。求人票や採用情報ページには、給与や勤務時間と共に、退職金制度の有無や確定拠出年金の加入条件が記載されているはずです。これらは従業員が老後に向けて計画的に資産を形成するための重要な点です。求人票に記載がない時や不明点がある場合には、応募前や面接時に企業へ問い合わせるべきでしょう。できれば、退職金の支給条件や確定拠出年金への自己負担額なども確認しておきたいところです。応募時点で聞きにくいという部分もあるかもしれませんが、転職する条件として確認すべき事項でしょう。経済的リスクを減らし、安心して将来を計画するためにも、ぜひ確認してください。

確定拠出年金が退職金の代わりになる?

確定拠出年金が退職金の代わりになるメリットと適切な活用法です。

確定拠出年金が退職金の代わりになるメリットと適切な活用法です。

新卒で入社し、定年まで雇用を約束するような終身雇用制度がなくなりつつあります。終身雇用を支えてきた従来型の退職金制度も減少傾向です。働き方が多様化し転職しやすい土壌が整ってきた一方で、将来の資産に対する不安が増しており、多くの労働者や退職を予定している方にとって大きな問題となっています。その問題の解決策として、確定拠出年金は退職金の有効な選択肢として注目されています。従来型の退職金制度は企業の財務状況によって変わりますが、確定拠出年金では加入者が金融商品を決め、資産運用するため長期的に資産を増やすことを目指せます。

企業型確定拠出年金と退職金の違い

退職金制度は従業員が会社を退職する際に受け取ることで、安定的な生活を支え、長期にわたる勤務の基盤となります。

企業型確定拠出年金は、企業が掛金を拠出し、従業員が運用することで老後の年金資金を作る制度です。企業が掛金を拠出するケースのほかに、従業員自身が給与の中から掛金を拠出することも可能です。これに対し、退職金制度は、通常、従業員が勤続年数に応じて企業から一時金として支給される仕組みです。

この二つの制度は従業員の将来の生活を支えるものですが、性質と目的に違いがあります。企業型確定拠出年金では、従業員が自分で金融商品を選び、運用を行います。運用成果は年金額に直結し、運用リスクも従業員が負います。一方で、退職金では企業が支給責任を持ち、従業員は運用リスクなしで確実に受け取れます。

税制面の違いも重要です。企業型確定拠出年金では、拠出金が所得控除対象となり、節税効果を得られます。

労働者や退職間近の方にとって、将来の経済的安定は非常に重要です。企業型確定拠出年金と退職金を理解し、ライフスタイルや資産形成に適した計画を立てることが、安心した余生を過ごす鍵です。適切な選択と運用で、リタイアメントライフを豊かにすることができます。

企業型確定拠出年金と退職金はどちらがいい?

企業型確定拠出年金と退職金は、退職後の安定した生活を支えるための重要な選択です。個人の退職後の計画や希望に応じ、メリットとデメリットを比較し選択することが肝心です。

 

企業型確定拠出年金は加入者が運用商品を選び、運用成績により将来受け取る金額が変わります。投資に関する知識が必要で、市場の変動リスクを自己管理する必要があります。運用が成功すれば年金額が増える可能性がありますが、失敗すると受け取り額が減るリスクもあります。ただし、企業型確定拠出年金の場合、企業において投資教育が行われますし、リスクの低い投資商品も用意されているケースがほとんどですので、長期で運用する場合には大きな心配は必要ないでしょう。

退職金は勤務年数や給与に基づき企業が定めた計算式で支給されます。金額の確実性があり、リスクを避けたい人に適しています。しかし、企業の業績悪化による退職金の減額や支給停止の可能性も考慮する必要があります。

労働者や退職を控えた人がどちらを選ぶかは、自己のリスク許容度や長期的な資産運用の姿勢、未来への展望を総合的に判断し適切な結論を出すことが重要です。制度の特徴を十分理解し、自身のライフプランに即した判断が必要です。最終的には両制度を活用して安定した未来を築く選択もあります。企業型確定拠出年金と退職金のどちらが良いかは単純ではない問題です。

企業型DCと退職金は両方受け取れる?

企業型確定拠出年金と退職金制度を組み合わせた賢い退職計画

多くの企業で導入されている企業型確定拠出年金は将来の金融設計の一環として注目されています。退職を控えた人も企業型確定拠出年金と退職金の関係に注目しています。これらは両方受け取ることが可能かという疑問を持つ方もいるでしょう。

実際には、多くの企業が企業型確定拠出年金制度を退職金制度として利用したり、従来の退職金制度と企業型確定拠出年金制度を併用しています。

ただし、制度の利用方法は加入する企業の規定によって異なるため、勤め先の人事部や担当部署で確認する必要があります。

企業型確定拠出年金と退職金の受給を同時に計画することで、退職後の資金計画はより良くなるでしょう。働く人や退職を控える人には、これらを基に将来設計をし、緻密なプランニングで安心できる充実した人生を目指していただきたいです。

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

会社で導入している退職金制度に加えて、福利厚生制度の一環として企業型確定拠出年金制度(企業型DC)を用意するケースも増えています。これからの人材確保や人材のリテンションには、魅力ある福利厚生制度は不可欠です。

確定拠出年金と退職金も受け取り方法

受け取り方や税の節約について詳しく知りたければ、ぜひこの記事を参考にしてください。

将来の生活資産として、退職金や確定拠出年金が注目されますが、重要なのはその受け取り方です。一時金として受け取るか、年金として受け取るかの方法があります。一時金として受け取る方法は、一定の条件を満たすと退職時に全額を受け取れます。この方法は、手元にまとまった資金をすぐ必要とする方に適しています。一方、年金として受け取る方法は、長期にわたり継続的に受け取ることで、退職後も安定した収入源を得られるでしょう。

退職金は企業独自に設計されており、通常、退職時に一時金として受け取ることになります。一方、確定拠出年金を受け取る際の選択肢は、一時金と年金です。税金の観点では、各受け取り方によって、課税されるかどうか影響が変わります。受け取った退職所得に対し、退職所得控除額を算出し、非課税となるのか、課税になるのかといった金額に影響するのです。つまり退職所得控除は退職金を一時金で受け取る場合の非課税枠で、税制面で優遇されています。退職所得控除額は勤続年数によって変わります。勤続年数が長くなるほど控除が大きくなるというものです。そして、特に注目したいのは、退職所得控除に関する5年ルールです。これは退職金を受け取る前年以前4年以内に確定拠出年金を受け取っていた場合、これらの勤続年数の重複期間が退職所得控除に含まれないことになります。控除額が減ってしまうことになるのです。退職金と確定拠出年金を一時金で受け取る場合には、注意が必要です。しかし、控除額の算出は給与額や勤務体系、退職理由など複数のパラメータが影響するため、シンプルな計算ではありません。正確に退職金の税額控除を把握するには、就業規則や退職金規程による支給要件の確認とともに、国税庁のウェブサイトで最新情報を確認することも効果的です。

退職金と確定拠出年金を受け取る場合には、このルールを活用しながら、最も効率的にかつ税制上有利に受け取る方法を検討するべきです。退職を控えた方々にとって重要な計画の一つです。受け取り方や税の節約について詳しく知りたければ、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

一時金として受け取る

確定拠出年金の一時金としての受け取り方とそのメリットについて説明します。確定拠出年金を退職金として一時金で受け取ることは、勤労者や退職を控える方々が自らの財政状況を一度に改善する賢い戦略です。この方法の最大のメリットは、退職直後に生じる大きな出費に対応できる点や、受け取った資金を自己の判断で投資や運用に回せる自由度が高いことです。

たとえば、退職後に住宅ローンを完済する、子供の教育資金を準備する、または世界一周旅行をするといった、人生の節目における大規模な支出を計画する人にとっては、全額を一時金として手元に置くことが非常に有利です。さらに、退職金を適切に投資に回せれば、将来にわたって安定した収益源になる可能性があります。

しかし、この選択をする際には、税金の負担について考えておかなければなりません。受け取る一時金が大きいと課税額も増えるため、税率や所得控除を含む税金に関する知識は重要です。具体的には、金額と勤続年数に応じた税率が適用され、一定額以上の収入がある場合には所得税と住民税の負担も発生します。

年金として受け取る

確定拠出年金の場合は、一時金のほか年金として受け取ることも可能です。毎月や毎年の定期的な受取りで、生活費の安定した収入を確保できます。受取り開始の時期を遅らせることで、将来の年金額を増やせます。

また、税金の支払いを分散することで節税もできます。受取り額を調整し年間所得をコントロールすることで、低い税率で税金を納められるからです。確定拠出年金の活用で、退職後の財政的余裕を生み出します。

退職後の長期的な生計を支えるためには、計画的かつ戦略的な受取り方が必要です。これを念頭に自分に合った最適な受取り方を見つけ出しましょう。税の専門家やファイナンシャルプランナーと相談し、詳細な計画を立てるのも有効です。確定拠出年金を最大限活用し、安心できる退職後の生活を手に入れましょう。

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

退職金や確定拠出年金の給付金の受け取り方については、一時金や年金など受け取り方を選択することが可能です。税金面の検討はもちろん必要ですが、老後の働き方、公的年金の繰下げ・繰上げ受給をどうするか、その後の資金計画など、総合的に判断する必要があります。退職前や定年前に慌てないよう、早めの準備をおすすめします。

企業型DCがなぜおすすめなのか?

なぜこれが多くの労働者と企業から支持され、従来の退職金制度より優れた選択肢とされるのか理由を見ていきます。

将来に備え安心して退職後の生活を楽しむためには、効果的な資産形成が不可欠です。ここで注目されるのが企業型の確定拠出年金、企業型DCです。なぜこれが多くの労働者と企業から支持され、従来の退職金制度より優れた選択肢とされるのか理由を見ていきます。

企業型DCは雇用者が資金を拠出し、加入者自身が運用を指示する仕組みです。これは一昔前の退職金制度と大きく異なります。過去の制度は一定の給付金額が保証される一方で、インフレや市場の変動リスクへの対応が困難でした。しかし企業型DCでは、給付金額が約束されているわけではありませんが、運用結果に応じて年金額が増減するため、市場状況を利用した資産増加が見込めます。

企業型DCでは運用先の選択肢が多く、リスク許容度や将来計画に応じてポートフォリオを組むことができます。個々のライフプランや経済状況に合わせた柔軟な資産運用が可能です。

さらに、企業型DCには税制上の優遇措置があります。自分の給料から拠出する場合、その分が所得控除され税負担が軽減されます。

つまり、企業型DCは運用の自由度が高く、税制優遇があり、個人の資産形成を支援する有力なツールであるということです。働く人や退職を控えている人にとって、安定した将来への投資としておすすめです。

企業型確定拠出年金を導入する企業が増えている

企業型確定拠出年金制度は従業員が自ら資金を運用することを可能にします。結果として、各自のライフプランやリスク許容度に応じたプランニングが行え、個々のニーズに合った資産形成が可能です。さらに、経済的なメリットも大きいです。運用次第で運用成果が退職後の受取額を増やす可能性があり、これにより資産増加が期待できます。

加えて、企業にとってもメリットがあります。従業員のキャリアプランや福利厚生に対する満足度向上し、これが人材の確保やモチベーション向上に役立ちます。柔軟な運用プランや節税効果も魅力的です。

企業型確定拠出年金は企業と従業員の双方にメリットがある

企業型確定拠出年金(企業型DC)は、多様な投資オプションから個々のリスク許容度や目標に応じて選択可能です。この柔軟性は従業員にとって魅力的で、将来に対する不安を解消するものとして、力を発揮します。

企業側では、企業型DCは人件費管理に役立ちます。従来の退職金制度とはことなり、毎月の掛金拠出が固定的であり、人件費用として見込むことができます。企業の財務計画において予測可能性を高まります。さらに、確定した給付を約束した退職金制度に比べ、資金の流動性を高め、経済的安定に寄与します。

税制優遇措置も企業型DCの利点です。選択制DCと呼ばれる給与天引きによる掛金の投資は、従業員の給与所得の節税が可能です。企業型確定拠出年金は、勤労者や退職を間近に控えた人々にとって、将来の生活設計を支える頼もしいサポートとなるでしょう。

企業型DCは持ち運び自由(ポータビリティ)

現代社会では、キャリアの流動性が高まり、ある企業に長期間勤めるスタイルから変化しています。そんな中で従業員に安心を提供する企業型確定拠出年金(企業型DC)は、例え転職したとしても転職先の企業型DC制度、iDeCoへの持ち運びが可能です。企業間の移動時でもこれまで積み立てた年金資産を持ち運び、異動や退職後も退職金の一部として積み立てた資金を失わず、新しい職場の企業型DCへスムーズに移せます。

自身の将来に向けた柔軟な資産形成には、企業型DCから個人型の確定拠出年金(iDeCo)への切り替えも可能です。この柔軟性は、退職金だけに依存しない多様なキャリアパスを目指す労働者にとって大きなメリットです。

転職市場が活況を呈する現代において、長期的な資産増加の戦略として企業型DCのポータビリティは魅力的です。退職金に加え、確定拠出年金に関する知識も持ち、自分の老後資金を計画的に管理することが重要です。

以上のように、企業型確定拠出年金は従業員と企業に多くのメリットをもたらし、勤労者の安定した将来と豊かな老後を支える選択肢となっています。これが、近年導入する企業が増え、従来の退職金制度からの移行が進められている理由です。

まとめ

日本企業型確定拠出年金センターの石黒です。まずは無料相談にお申込みください。

確定拠出年金は、個人の責任と選択で資産を形成し、未来の安定した生活を支える制度です。従来の退職金制度の代わりに注目され、社会や経済の変化に対応しながら、特に労働者や退職間近の人にとって重要な老後資金の確立に役立ちます。企業の経営者や人事担当者はもちろん、企業で働く従業員のみなさん、フリーランスの方々、それぞれが将来の計画を立てる際、この記事が具体的な指針となることを期待します。

YouTube『DCチャンネル』毎週水曜更新!

セミナー情報

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

052-485-4570

※導入に関するご相談を承っております。個人の方の質問はお答えできませんのでご了承ください。

お気軽にご相談ください

お電話での相談はこちら

052-485-4570

フォームでの無料相談は24時間中です。お気軽にご連絡ください。