全国対応!スムーズな企業型確定拠出年金の導入なら

日本企業型確定拠出年金センター

確定拠出年金運営管理機関番号794
東京オフィス:東京都港区新橋3丁目16-12 第一横山ビル6階 千葉オフィス:千葉県千葉市中央区富士見1-14-13千葉大栄ビル8階
名古屋オフィス:名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル5F

お気軽にお問合せください(平日9時~17時)
問合せは企業型確定拠出年金の導入に関する問い合わせに限ります

052-485-4570

企業型確定拠出年金(DC)と
確定給付企業年金(DB)の違いとは?

企業年金制度といえば、企業型確定拠出年金(DC)と確定給付型企業年金(DB)の2つに分かれます。以前の企業年金制度は、厚生年金基金や適格退職年金といった制度が主流でしたが、徐々に確定給付企業年金にシフトしてきました。さらに、2001年からは企業型確定拠出年金が登場し、徐々に増加してきています。現在の企業年金の主軸は、企業型確定拠出年金(DC)と確定給付型企業年金(DB)ということになるでしょう。
それぞれどのような特徴があるのか、メリット・デメリットを解説しながら、その違いについて解説していきます。

企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定給付企業年金(DB)の違い

日本企業型確定拠出年金センターの南です。確定給付企業年金と企業型確定拠出年金の
相違点についてまとめます。

現在の企業年金の代表的な制度である企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定給付企業年金(DB)は、どのような違いがあるのか確認していきましょう。

■企業型確定拠出年金(企業型DC)とは?
企業年金制度のなかで、徐々に増加しているのが、企業型確定拠出年金(DC)です。企業年金の中では、一番新しい制度でもあります。それまであった確定給付企業年金(DB)の問題や課題にアプローチする制度として、企業の導入が進んでいます。
企業型DCは、会社が従業員のために掛金を拠出し、従業員はその資金で金融商品を選択し運用していきます。選べる運用商品は、会社によって異なりますが、複数の商品を運用しながら、長期的に運用し、運用成果によって、原則60歳以降に受け取る給付金が異なるというものです。

■確定給付企業年金(DB)とは?
それまで主流であって厚生年金基金や適格退職年金に変わり、増加した企業年金制度です。労使の合意のもと、将来の年金給付額を設定し、それに必要な掛金を会社が拠出していくというものです。従業員が受け取る年金給付額を予め約束した形となるので、会社の運用責任は大きいものです。運用成果が確定している給付額に満たない場合には、会社が追加拠出するということになります。企業は業績が良いときばかりではなく、もし業績が低調な場合でも、約束した給付額は支払わなければならないとすれば、大きなリスクと言えるかもしれません。

企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定給付企業年金(DB)のメリット・デメリット

企業型確定拠出年金にも確定給付企業年金にも、それぞれメリット・デメリットがあります。

■企業型確定拠出年金(企業型DC)と確定給付企業年金(DB)のメリット・デメリットは?

まとめ

日本企業型確定拠出年金センターの石黒です。まずは無料相談にお申込みください。

企業年金には、いくつかの制度があり、その代表的なものが企業型確定拠出年金と確定給付型企業年金です。

それぞれに特徴や違いがあり、メリットもあればデメリットもあります。どちらかが「絶対」ということではありません。それぞれの制度のメリット・デメリットを理解したうえで、自社の制度として導入するのは、どういった制度がよいのか、慎重に検討されることをおすすめしています。
とくに最近導入が増加している企業型確定拠出年金については、要件の緩和など、法改正も進んでおり、興味をお持ちの経営者・企業担当者の方も多いようです。

御社に適した制度は何かお悩みであれば、人事労務のスペシャリストとしての視点から、アドバイス・サポートしていきます。お気軽にお問い合わせください。

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

052-485-4570

※導入に関するご相談を承っております。個人の方の質問はお答えできませんのでご了承ください。

お気軽にご相談ください

お電話での無料相談はこちら

052-485-4570

フォームでの無料相談は24時間中です。お気軽にご連絡ください。