SBIオフィシャルパートナー!全国対応のスムーズな企業型確定拠出年金の導入なら

(株)日本企業型確定拠出年金センター

確定拠出年金運営管理機関番号794
東京オフィス:東京都港区新橋3丁目16-12 第一横山ビル6階
名古屋オフィス:名古屋市西区牛島町5番2号名駅TKビル801

お気軽にお問合せください(平日9時~17時)
問合せは企業型確定拠出年金の導入に関する
問い合わせに限ります

052-485-4570

中小企業におすすめの退職金積立制度とは?種類やそれぞれのメリットを解説

中小企業にとって従業員への退職金制度の適切な運用は、福利厚生の向上と経営安定の確保に重要です。しかし多くの経営者は制度導入時の選択やメリットを十分に理解していないのが現状です。今回は中小企業向け退職金制度の種類と具体的なメリットを詳しく解説します。

退職金制度とは。なぜ導入するべき?

本記事では、中小企業の経営者および人事担当者が直面する退職金制度の課題に対し、タイプ別の特徴とそれぞれのメリットについて詳しく説明します。

退職金制度は、一般的に社員が定年退職する時や、一定の年数以上働いて退職する際に、各企業で定めたルールに従って支給される制度です。退職金制度には法律的な義務はありませんが、退職金制度を適用することで、会社は従業員との強固な信頼関係を構築し、安定した労働環境を提供します。特に中小規模の企業においては、社員のロイヤリティ向上と長期間に渡る人材戦略の基盤として有効です。ただし、退職金制度は簡単に導入する、廃止にするというわけにはいきません。そのため、退職金資金の運用と計画には慎重な配慮が必要です。

本記事では、中小企業の経営者および人事担当者が直面する退職金制度の課題に対し、タイプ別の特徴とそれぞれのメリットについて詳しく説明します。これにより、退職金制度の導入と運用のための押さえておきたいポイントを理解し、従業員の満足度向上と企業競争力の強化に寄与することを目指します。

 

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

退職金制度は長期に渡って運営していく制度です。簡単に始めたり、辞めたりすることは難しいですし、資金をどうするかといった財務計画も必要でしょう。とはいえ、人事に関する経営課題解決の一つの策として、退職金制度の見直しは避けて通れません。企業の経営状況と従業員ニーズに合った制度づくりが非常に重要です。

退職金制度を導入するメリット

退職金制度は、従業員が長期にわたって勤務し、その企業を退職する際に支払われる給付金です。中小企業においても、従業員のモチベーション向上と人材確保のために重要な役割を果たします。

退職金制度を導入するメリットは多岐にわたります。まず、従業員の安定したキャリア形成を支援し、会社へのロイヤリティを高めることで、優秀な人材の長期定着を図ることが可能になります。また、退職金制度は従業員に将来の生活設計への安心感を与え、従業員の就業意欲や離職の防止につながります。さらに、採用市場では充実した退職金制度を提供する企業は、優秀な人材を引き付ける上で有利でしょう。

 

経営者や人事担当者は、退職金制度の導入によって従業員と良好な関係を築き、企業の成長に必要な人材の採用と定着を実現できます。このため、慎重に計画し、企業に適した退職金制度を設計することが大切です。

 
①優秀な人材確保

優秀な人材の確保には退職金制度が重要です。

 

採用人材が企業を選ぶポイントとして、給与や福利厚生、キャリアアップの機会の提供などが挙げられます。特にその会社で長期のキャリアを望む人材は、どのような退職金制度を設けているかは非常に関心を寄せています。中小企業は大企業に比べ高額な給与を提示しにくいものですが、安定した将来設計をサポートする退職金制度を整えることで、魅力を高められます。

退職金制度は従業員に長期貢献のインセンティブを与え、優秀な人材を長期にわたり確保するため中小企業にとって重要なのです。退職金制度は福利厚生に止まらず、人事戦略の根幹とも言えるでしょう。

②従業員のモチベーションアップ

退職金制度は、従業員のモチベーションを高める重要な制度です。各従業員が長期にわたり積み上げたキャリアと努力を経済的な見返りとして評価し、日常の労働意欲にプラスの影響を与えます。経験豊富なスタッフが継続的に貢献することで、不測の事態や市場の変動にも組織の安定につながります。従業員の会社への帰属意識と責任感を強化し、自己実現に向けての励みになります。安定した生活設計を見通すことのできる退職金制度は、従業員の将来への不安の軽減しますし、モチベーションアップだけでなく、忠誠心の醸成にも寄与します。

③税制メリット

退職金制度と税制の良い関係を理解しましょう。

退職金制度の導入は、中小企業の経営者にとって税制上の節税効果を期待する一面もあるのではないでしょうか。中小企業の節税策として重要な戦略です。退職金は非課税とされ、納税額が減少します。財務負担を低減しつつ、従業員の将来のための退職金積立てを行うことで企業価値が上がります。一方、従業員にも所得税の非課税枠の利用が可能であり、これは年金受給への備えや税負担軽減の面で有利です。この制度をうまく利用すると、企業の財務健全性を高める一方で、長期的には従業員の福利厚生や満足度向上にも貢献します。

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

最近では働き方改革、人材難などの影響もあり、企業の各種制度もさまざまな変化がみられています。そのなかでも退職金制度は人材を惹きつけるための施策の一つともなります。これから退職金制度を導入、もしくは退職金制度の見直しを検討している企業も多いのではないでしょうか。弊社では退職金制度のうち、企業型確定拠出年金制度の導入支援を行っています。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

中小企業のための退職金制度の種類とそれぞれの違いとメリットを解説

自社に適した退職金制度を見極める参考となる内容をお届けし、さまざまな事例に基づき、制度の運用方法や導入のポイントについて詳しく説明します。

退職金制度は、従業員の福利厚生として、安心して退職を迎えられるための制度です。制度の設計は重要で、導入において企業特性や運用方針によって最適な選択が異なります。企業のブランディングにも影響します。

退職金は、従業員が会社で長く勤めた結果として受け取る給付金であり、会社が独自に退職金を準備する制度や外部の金融機関などを利用して準備する制度など退職資産の準備方法の違いや、受け取り方も一時金や年金型など様々な形態が存在します。これらの制度を導入することで、従業員のエンゲージメントを高め、人材の流出を防ぎ、新たな人材を惹き付ける強力なインセンティブとなります。特に中小企業では、限られたリソースの中で競争力を保つために退職金制度が非常に重要な役割を果たします。

中小企業で退職金制度を導入する際には、企業の規模や財務状況に合わせた最適な制度の選択が必要です。また、運用の柔軟性や管理の簡易さも重要です。退職金制度については大きく4つのタイプがあります。本記事では、各退職金制度がどのようなメリットをもたらし、中小企業の経営戦略にどう組み込むことができるかを、具体的に分析していきます。中小企業の経営者や人事担当者が、自社に適した退職金制度を見極める参考となる内容をお届けし、さまざまな事例に基づき、制度の運用方法や導入のポイントについて詳しく説明します。

 

① 企業型確定拠出年金(企業型DC)

企業型確定拠出年金(企業型DC)は、企業が毎月掛金を拠出し、従業員がその積立金を運用することによって将来の退職金を増加させる制度として注目されています。積立金の運用を従業員が自由に決定し、自分の将来への投資として退職後の資金計画を立てることが可能です。これは中小企業で働く従業員にとって退職後の生活を安心して計画できるようになる大きなメリットです。自ら投資先を選び、資産形成に対する関心と理解を深められることも、従来型の退職金制度との違いです。企業側にとっては、退職金の管理を行わないため、将来的な退職金の支払い義務を負いませんし、退職金が減少しても補填する必要もありませんので、財務計画を安定させる効果が見込めます。

税制優遇も重要なポイントです。企業が毎月拠出する掛金は、損金として取り扱うことが可能です。従業員にとっても運用する積立金についても非課税となるため、企業と従業員双方にとっての節税効果があります。さらに、従業員が長期的な視点で資産形成を行うことで雇用の安定にも寄与すると考えられます。

中小企業の経営者や人事担当者には企業型DCを利用して従業員が退職金に対する意識を高め、企業として将来の経済的負担を把握できる環境を整えることを推奨します。

②確定給付企業年金(DB)

確定給付企業年金(DB)制度は、退職後の安定した生活をサポートし、従業員に安心感を提供することを目的としています。確定給付企業年金(DB)は、勤務年数と給与額に基づいて退職時の給付額が事前に決定される退職金制度です。一時金や年金として受け取ることが可能です。しかし、この制度の導入には、経営側が資金運用のリスクを受け入れる必要があります。給付される退職金額を約束するものですから、資金運用に成功すれば、企業の財務状況を強化し、退職金の安定供給源になります。一方で、運用失敗のリスクも考慮する必要があります。運用に失敗して必要な額の退職金に満たない場合には、企業がその不足分を補填しなくてはなりません。適切な運用計画と監視体制でリスクを抑えることが必要です。

③中小企業退職金共済(中退共)

中小企業退職金共済(中退共)とは、特に中小企業向けの退職金制度です。企業が掛金を納付してから1年以上経過すれば、退職金が支給されます。中退共を利用することで、退職金の準備が簡単になり、企業の負担軽減と従業員の福利厚生を充実させることができます。

中退共は税務上の優遇措置があり、掛金は非課税となりますので、資金効率を高めつつ、確実に退職金を確保できます。

共済によるリスク分散も中退共の特徴の一つで、経済状況の変動や企業の個別事情に左右されず安定した退職金支給が期待できます。

退職金制度を検討中の中小企業の経営者や人事担当者には、中退共の導入を検討する価値があると言えます。確実な将来の負担を軽減し、従業員のモチベーション向上と企業の競争力強化に役立ちます。

④ 特定退職金共済(特退共)

特定退職金共済は、商工会議所などの団体が運営する共済制度で、特に従業員数が少ない事業所を支援することを目的としています。中小企業にとって退職金制度の運用と管理は重大な負担になるため、これらの負担を軽減する解決策を提供することがその大きな役割です。

 

特退共への加入により、企業は退職金の運用と管理を専門機関に任せることができます。これにより、業務に専念しつつ、従業員に退職金の準備を保証することが可能です。特退共は、従業員の福利厚生を目指す中小企業経営者や人事担当者にとって、検討すべき選択肢の一つです。

 

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

退職金制度は企業のニーズに合った退職金制度を選択することになりますが、複数の制度を採用しているケースも多くあります。その中でも最近では企業型確定拠出年金(企業型DC)制度に注目が集まっています。昨今では投資に興味を持ち、退職金を会社任せにするより自分自身で資産形成を行いたいという人も増えてきました。また転職などが当たり前になった今、積立資産を転職先の制度に持ち運ぶこともできる企業型DC制度は、魅力的でもあるようです。

中小企業におすすめの退職金制度は?

退職金制度は従業員が会社を退職する際に受け取ることで、安定的な生活を支え、長期にわたる勤務の基盤となります。

中小企業が選ぶべき退職金制度とその導入のポイント

中小企業にとって従業員のモチベーション向上と優秀な人材の確保は経営の重要な要素です。そのためには従業員が安心して長期に勤務できる環境を提供することが不可欠です。そこで重要になるのが退職金制度です。退職金制度は従業員が会社を退職する際に受け取ることで、安定的な生活を支え、長期にわたる勤務の基盤となります。しかし、退職金制度の導入は、運営や管理、資金の準備には手間とコストがかかり、特に資金調達に課題を持つ中小企業では導入を躊躇するケースも多いでしょう。

そこで、おすすめするのが企業型確定拠出年金(企業型DC)です。この制度は企業が拠出した掛金を、従業員が自分自身で運用商品を選択し運用していく仕組みで、企業の負担軽減と従業員の資産形成の両立が可能です。

 

「企業型確定拠出年金(企業型DC)」がおすすめの理由

退職金制度の選択肢の中でも、「企業型確定拠出年金(企業型DC)」が中小企業に推奨される理由を解説します。

企業型DCは、拠出された積立金を従業員が運用していくことで、将来の退職金を構築する制度です。従来型の退職金制度は、決まった将来の退職給付額に対し、企業が資金を運用するなどして資金を調達するものでした。退職時に予定した退職給付額に満たなければ、企業がその不足分を補填しなくてはなりません。一方、企業型DCは企業にとっては、負担が予め固定されている点が最大のメリットです。毎月の掛金の拠出額が明確なので、企業は財務計画の立案が容易になり、経営の安定性を高めることができます。ただし、掛金の上限額に注意を払うことは重要です。月額掛金には上限額を把握し、負担能力に基づいた制度を選択することで、安定した退職金の確保が図れます。

また、企業型DCは柔軟な設計が可能で、企業の規模や経済状況に応じた制度運営が行える点も魅力です。この制度を活用することで、中小企業は課題を抱えながらも従業員満足度を高め、会社の成長をサポートすることが可能になります。

さらに、企業型DCでは加入者である従業員自身が投資先を選び運用を行うため、従業員は退職金を自分で増やすことが可能です。運用方法については、投資初心者の従業員であっても、定期的な投資教育などサポートのもと安心して運用できます。企業型DC制度で用意されている投資商品は、安定的な運用ができる商品も多く、バランスを取って組み合わせることで、運用リスクとリターンを調整できます。

これにより従業員は将来に向けた意識を持ちながらキャリアを積むことができ、企業にとっても長期的な人材育成に繋がります。投資の結果によって多い退職金を得る可能性があり、従業員のモチベーションアップに寄与します。

役員一人からでも導入可能

企業型確定拠出年金(企業型DC)は役員一人からも導入できる制度です。特に中小企業において大きなアドバンテージをもたらし、少数の参加者からでもスタートできます。

退職金制度の導入を考えるとき、見落とされがちなのが役員個人の退職金準備の重要性です。役員であっても、リタイア後の資産形成は重要です。企業型DCを活用することで安定した資金形成が期待でき、経営層が理解を深め、賢明な運用を行うことで、安定した老後の生活基盤を築け、経営層自身の将来設計にもメリットがあります。

さらに、企業型DCの導入は自己資本に依存せず、事業資金の圧迫を避けることができます。経営者や人事担当者にとって、企業型DCは福利厚生以上の意味を持ちます。それは、企業競争力の強化と将来のリスクヘッジを実現できる戦略的ツールとなるのです。導入のハードルが低い今、最適な退職金制度を導入し経営環境の変化に強い組織づくりを目指しましょう。

導入や運営にあたっては、まず専門のコンサルタントに相談し、企業の状況や従業員のニーズに基づく最適なプランを策定することが重要です。次に従業員に説明会を開き、制度の理解を深めてスムーズな移行を図る必要があります。そして、制度の運用状況を定期的にチェックし、適宜見直しを行うことで常に適正な退職金制度を維持することが求められます。

中小企業が企業型確定拠出年金制度を導入するとき、導入と管理には多少の手間が伴いますが、従業員と企業にとって貴重な資産になることは確かです。ぜひこの制度を検討して従業員が安心して長期に働ける環境作りを目指してください。

まとめ

日本企業型確定拠出年金センターの石黒です。まずは無料相談にお申込みください。

退職金制度は、従業員が安心して長期にわたり勤務できる環境を整えるために、中小企業でも積極的に取り組むべきです。なぜなら従業員のモチベーション向上と企業の定着率の向上は経営安定に大きく貢献するでしょう。適切な制度の選定と管理により、従業員と経営者双方にメリットが増します。従業員への安心感は企業競争力を高める要素にもなるため、退職金制度の導入と運用方法について真剣に考えてみることをお勧めします。

企業型確定拠出年金コンサルタントのアドバイス

会社の福利厚生制度としての退職金制度も、徐々に働く環境や従業員の意識変化によって、時代や環境に即した制度が求められるようになってきました。企業は従業員のライフプランや将来計画に合わせた柔軟な対応ができる制度を用意することが求められています。今後ますます人材獲得競争が増すなか、どんな制度を従業員に提供するかは、会社の成長にも直結する課題ではないでしょうか。退職金制度のうち、企業型確定拠出年金制度は、これからの福利厚生制度の一つとして、魅力的なものの一つでしょう。もし退職金制度の導入を検討している、制度の見直しを模索しているということがありましたら、ぜひご相談ください。

YouTube『DCチャンネル』毎週水曜更新!

セミナー情報

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

営業時間:9:00〜17:00
休業日:土曜・日曜・祝日

お電話でのお問合せはこちら

052-485-4570

※導入に関するご相談を承っております。個人の方の質問はお答えできませんのでご了承ください。

お気軽にご相談ください

お電話での相談はこちら

052-485-4570

フォームでの無料相談は24時間中です。お気軽にご連絡ください。